品質命の風俗店で大当たり

ちょっとした屋外プレイになりました

まさか風俗でちょっとした屋外プレイを楽しめるとは思っていませんでした。というのも、ホテルが結構豪華だったんですよ。バルコニーというかオープンテラスがあったんです。しかもそこにはけっこ大きなお風呂もあって。言わば露天風呂ですよね(笑)今時のホテルはベッドが置いてあるだけじゃないとは分かっていましたけど、さすがにこれだけのレベルのホテルは初めてでした。その時ばかりは風俗店ではこれは出来ないな…なんてことをしみじみと思ったものですけど、相手の女のものホテルの豪華さに驚いてくれましたので、それだけでもこのホテルにした甲斐があったかなと思いつつ、屋外のお風呂に一緒に入ったり、そのままそこでプレイしたりとちょっとした屋外プレイを楽しむことが出来ました。そんなプレイを楽しんだのは初めてというか、ベッドの上ではない所でのプレイは人生でも初めてのことだったので相当刺激的でした。屋外プレイは見るよりもやるべきだなとも思いましたね(笑)

結論。それは風俗なんです

自分の遊びの結論が風俗ですね。デートではありません。そもそも今の時代、恋人を作るハードルがやたらと高いじゃないですか。付き合うというよりも、付き添い的なポジションが求められるんですよね。女の子にとって都合の良い男でなければならないんです。そして女の子が心から信頼してくれた時に初めて男が求めている「女体」を味わうことが出来るんですけど、そんなの面倒なだけじゃないですか(苦笑)はっきり言って自分はナンセンスというか、なんでそこまでしなければならないんだろうっていう気持ちの方が強いんですよね。それならむしろ風俗でいいんじゃないですかね(笑)別に男としての器の大きさという抽象的なものを発揮するために頑張る必要もありません。女の子に気に入られようと内心ではムカついているのに、余裕を演出して「心の広い男だよ」とアピールすることもないんです。こう言ったことを考えると、風俗で遊んでいるくらいが気楽でいいんじゃないですかね(笑)